生理前の苛々なんぞ「ワケワカラン」

PMSを和らげる「PMSおやつ」がある?!
PMSの時に心がけることの一つとして
食事の方法があるということをご存知ですか?

 

PMSは血糖値を上げることで急激に体に症状を
起こすパターンがあります。
ですので食事を1日3回と決めるのではなく、
量を減らして6,7回にすれば血糖値の上昇による
体調不良を和らげることが出来るのです。

 

そもそも日頃から甘いもの(糖質)を多く撮っている方は
食べることで急激に血糖値が上昇して、それを抑えようと
今度はインスリンが過剰に分泌されて急激に血糖値が下がります。
これが低血糖症です。
食事の後の90分後くらいから低血糖になってしまうと
アドレナリンやノルアドレナリンのホルモンが分泌されてしまうため
攻撃性が出てきたり、こんどは逆に不安や落ち込みを感じやすく
なってしまうのですね。
加えてPMS時の女性ホルモンのアンバランスが重複すればどうなるか?

 

空腹時にイライラして、キレやすい、そしてさらには不安でいっぱいになり
意味もなく落ち込んだり泣いてしまったり・・・と心のバランスが
取れない状態になりやすいのです。

 

ですのでPMSの時期にはお腹がグウグウなるような状態は避け、
なるべく血糖値を安定するように努めることが大事なんですね。
つまり最初に書いた「小分け食事」になります。
とは言うものの、仕事をしていて小分け食事というのは難しい
かもしれませんので、まずは三食はきちんと食べるとして加えて
午前10時、午後3時&9時くらいに間食をすればよいでしょう。

 

その間食に向いている食べ物というものもあります!
ヨーグルト、果物、ドライフルーツ、ナッツ、牛乳、小魚や海藻
といったものですね。
間食と言っても甘いもののおやつではなく、糖類や炭水化物の
少ないものを選ぶことがポイントです。
(これは糖尿病予防の観点から考えます)

 

フルーツの入ったヨーグルトなどを常備したり、
ドライフルーツを手元に置いてポイポイと口に入れやすくしておく
のもよいかもしれませんね。

 

ぜひPMS改善のための「PMS間食」をやってみませんか?