生理前の苛々なんぞ「ワケワカラン」

PMS改善には複合炭水化物が大事☆

PMS改善には複合炭水化物が大事☆
ダイエットの敵とひとくくりに言われる炭水化物ですが
実は炭水化物には複合炭水化物と単一炭水化物
という2種類があります。

 

複合炭水化物は米、うどん、パン、そば、芋類、
単一炭水化物はチョコレートやケーキ、和菓子などが
それに相当します。
複合炭水化物というのは体内へゆっくり吸収されていき、
余分になったものは筋肉運動に使用されます。
単一炭水化物の場合は一気に吸収されるため、運動などで
消費しない限り太りやすいエネルギー源となってしまいます。
つまり、ダイエットの敵と言われるのは単一炭水化物
ということなのです。

 

PMSのタイミングでイライラしたり落ち着かなかったり、
どうにも気持ちがフラフラしているということありますよね。
このPMSの症状は複合炭水化物が抑えてくれる働きを
するということをご存知でしょうか?

 

複合炭水化物はセロトニンを増やしてくれるのですが
このセロトニン、実は快楽ホルモンとも呼ばれています。
一定にエネルギーを供給するため空腹を感じにくいこともあり
PMSの過食も防げますね。

 

またダイエットの敵とは言うものの、炭水化物ダイエットは
うつや不安、イライラを感じやすいという研究成果もあり
メンタルが不安定なPMSの時期はなおのこと複合炭水化物を
食べることは心身の安定によさそうですね。
このPMSの憂鬱な気持ちを悪化させないためには
オメガ3を摂ると良い!とも言われています。
オメガ3とはαリノレン酸、EPA(エイコサペンタエン酸)、
DHA(ドコサヘキサエン酸)などの必須脂肪酸のことです。
これらは血流を改善したりコレステロール値を低下させたり、
さらには脳や神経に対する効果があることもわかっています。

 

オメガ3脂肪酸は、えごま油、シソ油、亜麻仁油などの油に、
また、くるみ・チアシード・青魚・緑黄色野菜・豆類などの食品に
含まれています。
PMS症状の重い方はこれらの食品を意識的に摂取して
改善を試みるというのも一つの方法ですね。