生理前の苛々なんぞ「ワケワカラン」

PMSの腰痛・だるさには「ぞうさん体操」

PMSの腰痛・だるさには「ぞうさん体操」
PMSの時期に入ると、わたしも覚えがあるのですが腰が
ずどんと重く感じたり、腰痛になることがありますよね。
だるさともいえるでしょうか、あの滞った感じは本当に
いや〜になりますよね。

 

そもそも生理前というのは女性ホルモンの作用で
骨盤が少し緩みます。それゆえ、腰を支える力が
不安定になり、さらには腰回りの筋肉が緊張して血流が
悪くなるのです。
そしてさらには子宮収縮のチカラも働くため血管が
収縮して血流が悪くなり骨盤周辺全体(腰全体)が
非常に血行不良という状態になるのです。
これが毎月起こるわけですから、本当に厄介ですよね。

 

そんなときに是非おすすめしたいのが「ぞうさん体操」
という体操です。この体操で、PMSシーズンの腰痛を
解消していただきたいと思います♪

 

ぞうさん体操とはその名の通りぞうが鼻を動かすような
運動をするところからきています。

 

「ぞうさん体操」

 

@足は肩幅に開いて膝を軽く曲げます
Aそのまま上半身を前に倒します
(横から見たらL字になっている状態)
Bその状態から左右に腕を振り動かします。
(象が鼻を振るイメージで)
Cその勢いで上半身全体をゆっくり左右に動かします。
(振り子のイメージ)
D左右順番に全部で30回行います。

 

これを一日2,3回行うと効果的です。
この時に注意することは腕そのものの動きではなく
腕の振り子のチカラで腰を回すイメージで行うことが
大切です。腰を回すことで骨盤周辺の血流が改善され
、さらには腰の筋肉をリラックスさせる効果があります。

 

そうすると腰痛が和らぎますし、血流そのものの改善で
だるさも軽減されていきます。

 

またAの上半身を曲げるときのポイントですが、腰を曲げずに
背筋がなるべくまっすぐになるよう意識して行うことも大切です。

 

さらに体操に加えて腰をカイロや腹巻などで温めることも
効果倍増です。特に就寝時には是非冷え対策のためにも
腹巻を使用されることをおススメします。

 

また下半身を締め付ける洋服や下着も血流の悪化に関係しますので
PMSの時期はゆったりとしたものを見につけるよう気を付けて
下さいね。