生理前の苛々なんぞ「ワケワカラン」

この微熱は風邪?それともPMS?

この微熱は風邪?それともPMS?
PMSの時期になるとなんだか熱っぽくぼーっとなる
ことがありますよね。
わたしは風邪と勘違いをして風邪薬を飲んだりしたことも
あるのですが風邪薬ではちっとも効果がなく「あれ?」
と気が付くことも多かったんですよね。

 

このPMSの高温期とはなぜ起こるのか?
ちょっとまとめてみたいと思います。

 

生理前は黄体期という状態に入り、基礎体温が上がります。
黄体期は妊娠のために体が準備をしている状態であり、
体温を高めに保つことで受精しやすい環境を体が作り
出しています。
これはプロゲステロン(黄体ホルモン)が働くことに
よって起こります。

 

この黄体期は体調が不安定な時期でもあり、イライラしたり
腰痛や胸が張ったり等など、さまざまな体の不調が現れる
時期なのですがここに微熱が含まれると相当体もつらいですよね。

 

なんと人によっては38度を超える人もいるそうで
もう微熱というより発熱に近い(平熱にもよりますが)方も
いらっしゃることでしょう。
そのような方の場合は諸症状が重いケースにも当てはまるため
婦人科を受診すると「月経困難症」としてPMSよりもより重い
症状として診断されるそうです。

 

ですので、PMSだから・・・と我慢せず、あまりにも辛い
場合は一度婦人科を受診することも大切ですね。

 

ちなみにわたしが風邪かな?などと漠然と判断していた時期は
婦人体温計を利用していないころのことです。
自分の体の変化を知るためにも婦人体温計で毎日きちんと計測
することでその熱っぽさが病気の発熱なのか、黄体期のものなのか
判別することが出来ます。

 

黄体期に入ったかどうかは基礎体温を測ればしっかりと分かります
ので、自分の体のためにも婦人体温計での計測を是非お勧めいたします。

 

またその際妊娠との違いですが、生理の予定日が過ぎても体温が
下がる様子がなく、さらにそのまま16日以上の高温期が継続
される場合は婦人体温計でも妊娠を示唆してくれますがその可能性が
高くなりますよ。

 

熱っぽいなぁ、という体調の悪さを漠然ととらえるのではなく
まずはどのタイミングで黄体期が来るのか、自分の体調を把握する
ことで随分と楽になることは間違いありませんね。