>

高査定をしてもらえる物件にするにはどうすればいいのか

鑑定士の高査定をしてもらう為にはどうすればいいのか

高査定を目指して今からできる事とは何か

価格査定をしてもらう前に、不動産鑑定士の人がどういった点に着目するかを知っておくと対策が出来ます。

今持っている不動産の状態が一番重要視されますが、ただ綺麗なだけではいけません。
部屋の中が明るく、住んでいて気持ちのいい環境の不動産は高査定も期待できます。
一般的に考えて、一日中日陰でジメジメしている部屋に高いお金をだしたいかと聞かれると躊躇してしまうのが普通です。

壁紙が剥がれているなどは、リフォームをすればどうにかなる話ですが日当たりや周辺の環境等はどうする事も難しいのでそこも含めて査定された価格で販売するほかありません。

ですが、人からみるとマイナスな部分もプラスに感じる人も沢山います。
査定価格に不満がある場合も、依頼者の方の意見はきちんと尊重されますので家の良いところを売却前に沢山用意しておくと良いかもしれません。
高査定もしてもらいたいですが、一番は納得のいく価格で売却を目指したいです。

不動産鑑定士の仕事について

不動産の売却時でなくては、不動産鑑定士に査定を依頼する事はないと思いますが不動産鑑定士とは一体どういった仕事をしているのでしょうか。

不動産鑑定士は国家資格です。
きちんとした資格を持っている人が査定を行います、なので資格を持っていない人が勝手に価格を決めると重大な刑になります。

鑑定士なので、国内の法律にも詳しくなくてはいけません。
不動産に関わるものとしては、所有権や抵当権、借地権、家賃など様々あります。
どんな時でも不動産価格を決める時には、資格持った不動産鑑定士にお願いして妥当な価格をだしてもらいましょう。

不動産鑑定士は常に公平な目を持っていなくてはいけません、依頼者様の大事な財産でもある不動産を軽はずみに扱ってはいけません。
不動産の価格や権利などで悩んでいる人は、不動産鑑定士に相談すると良いですね。


この記事をシェアする